仮想環境のWordPressにログインできない!試してほしい方法【Local by Flywheel】

Cocoon

WordPressの無料テーマCocoonを使ってブログ運営をしているよしくまです。

新しいプラグインのインストールやCSSのカスタマイズを試したいときには、自分のPC上で作業ができる仮想(ローカル)環境を使うと安心ですね。

私は初心者でも導入しやすいといわれている「Local by Flywheel」というソフトウェアを使って色々なカスタマイズを試してから、自身のCocoonサイトに変更を加えています。

「Local by Flywheel」のインストールのインストールは簡単です。しかし、私ははじめWordpressにうまくログインできませんでした。

今回の記事では、「Local by Flywheel」を使ってWordPressにログインできなかった原因と解決できた方法を紹介します。

ログインできなかった原因

私が仮想環境のWordPressにログインできなかった原因は、ユーザー名とEメールアドレスを間違えていたからです。

ログインしようと順番に試して失敗したことを紹介します。

ユーザー名の間違い

1回目は、ユーザー名+パスワードでログインしようとして失敗しました。

パスワードは普段よく使うパターンのものに設定したはずなので、ユーザー名が間違っているんだと推測しました。

Eメールアドレスの間違い

WordPressはユーザー名を忘れても、Eメールアドレスとパスワードでログインすることができます。

さっそく、Local Siteの「ADMIN」からWordPressのログイン画面を開いて、アドレスとパスワードを入力…。

なんと、Eメールアドレスも間違えて(忘れて)いたため、ログインできませんでした。

「Local by Flywheel」をインストールするときに画面の流れに沿って、なんとなく設定してしまったことですっかり忘れていたようです。

ローカル環境にログインできた方法

ログインできない原因を解決できた方法からお伝えすると、Eメールアドレス「dev-email@flywheel.local」と、自分で登録したパスワードを入力しました。

「dev-email@flywheel.local」は、「Setup WordPress」の画面のときにデフォルトで入力されていて、ローカル環境のWordPress管理画面へログインするためのデフォルトアドレスです。

「Setup WordPress」の画面でデフォルトアドレスを自分のPCアドレスに変更しているとログインできないので、そのままにしておきましょう。

ユーザー名とパスワードは忘れないようにメモしておくことが大事です。

同じ状況でログインできずに困っている人は、一度この方法を試してみてくださいね。

 

パスワードを忘れた場合は、WordPressのログイン画面下の「Lost your password?」をクリックしたあと、「MailHog」(メールのテストツール)に届くリンクから新しく設定することができます。

  1. ログインしたいローカルサイトをクリック
  2. 「TOOLS」をクリック
  3. 「OPEN MAILHOG」をクリック

この順番で「MailHog」を開きます。

 

受信トレイにWordPressからのメールが届いているので、クリックして本文に記載されているリンクから、新しいパスワードの設定を進めていきましょう。

 

どうしてもログインできない場合は、「Local」の管理画面に戻って、画面左下の「+」をクリックして、新しく作り直したほうが早いと思います。

最後に

「Local by Flywheel」のローカル環境で作ったWordPress管理画面にログインできない原因はいろいろありますが、今回は登録情報を忘れたことでした。

当たり前ですが、パスワードやメールアドレスを間違えるとログインできません。

今回、解決の決め手となったのはローカル環境構築のときに入力されていたEメールアドレス「dev-email@flywheel.local」でした。

現代は、いろんなサイトでアドレスやパスワードを登録することが多くて、登録した直後に忘れることもありますよね。

仮想環境にうまくログインできたら、WordPressのカスタマイズをいろいろ試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました